レーシック手術の失敗はある?

レーシックというのは基本的に失敗がとても少ないと言われていますが、レーシックは失敗が少ないと言われているのは眼球そのものに何かメスを入れたりするようのものではないからです。

 

角膜をめくってレーザーをあてる施術になりますから、もちろん手術が終わった後は眼球がデリケートな状態にはなりますが、メスを入れたりするわけではないのでダメージを受けてしまうということはほとんどありません。

 

また通常のレーシックの場合には、眼球が痛みを感じる神経が通っていないところをレーザーで照射することになるので、術後の痛みもほとんどありません。

 

眼球に傷がついてしまうような施術であれば、最悪の場合、失明してしまうような可能性もあると思いますが、レーシックの場合にはそういうことは一切ありませんから、安心して受けることができます。

 

また現在はほとんどのクリニックで、最新機械を使っていることが多く、レーザーにおいてもきちんとコンピューターで制御されているので、予定していた部分よりも深い部分にレーザーが照射されてしまうということはありません。

 

ですから失敗が少ないと言われています。レーシックは日本では普及するようになってから、まだそんなに長い年月が経っていませんが、海外では古くから使われている方法で、実績もありとても信頼されてる方法です。

 

ですから視力に悩まされてしまっている方は、安心してレーシックを受けてみると良いと思います。

 

クリニックにいった時に詳しく説明されると思いますが、ほとんどの場合は後遺症なども数日で治っていくものですからそんなに怖がる必要はないと思います。

 

レーシック手術のミスは機械原因では起こらない

手術後に起きる一番多いトラブルのパターンは、患者が「聞いていた話と違う!」と訴える場合です。

 

これは患者自身が事前によく説明を受けなかったか、医師の方で説明をしなかったかということも原因として考えられますし、医師の施術自体に問題がある場合もあります。

 

後者の場合には、医師を選ぶ際に選択ミスをしないようにすることでリスクを軽減するしかありません。

 

「レーシック」の手術は、医師が患者の目の状態を検査した上で機械により手術します。

 

機械の設定は医師がするわけですから、ここで判断ミスがあれば医師の責任ですし、機械は医師が設定したとおりの動きをするだけなので、機械そのものが誤作動などをしない限り、手術自体のミスは機械原因では起こりません。

 

人為的なミス?

レーシック黎明期は、フラップ作成に医師の技量が必要であり、この角膜を薄く切り取った蓋のようなもの(フラップ)を作る段階でミスが起こったこともあったようです。

 

フラップの厚さは術後の見え方にも関わってきますし、薄いと眼圧に耐えられずに変形したりして別の眼病の原因になります。

 

現在はフラップもレーザーで作成するため、以前のような失敗はありませんが、やはり病院選びは慎重に、症例の多さから見てクチコミ意見なども取り入れつつ、経験豊富な信頼できる医師を頼りましょう。

 

症例数が多くて安心なのは業界大手の品川近視クリニックです。

 

事前の準備や調査も大事

「レーシック」だけでなく、視力回復を専門としている医師はいますのでそういった先生の話を聞くのも方法の一つです。

 

元々視力回復専門の医師で、2000年以降「レーシック」を取り入れたクリニックでは、「レーシック」以外にも視力回復の相談に乗ってくれほかの方法も一緒に考えてくれることでしょう。

 

手術後トラブルに発展しないためにも、事前の準備や調査が大事だと思います。

レーシックは失敗しないの?レーシックの現状と対策は?関連エントリー

レーシック手術後の視力低下はあるの?
品川近視クリニックのレーシックは安全?口コミや評判、レーシックの疑問を解消!
レーシック手術って痛みはどう?
品川近視クリニックのレーシックは安全?口コミや評判、レーシックの疑問を解消!
レーシック後のアフターサポートや保障について
レーシック後のアフターサポートや保障について。品川近視クリニックのレーシックは安全?口コミや評判、レーシックの疑問を解消!