品川近視クリニックのレーシック手術

品川近視クリニックの女性スタッフ品川近視クリニックのレーシック手術は、視力で悩んでいる人には嬉しい技術ではありますが、完全にノーリスクというわけではありません。

 

手術ですから手術自体が失敗することも完全にゼロではありませんし、どんな人でも手術後は一時的に異変を感じる可能性は考えられます。

 

いろんな品川近視クリニックの口コミを読んでいると、痛みひとつとっても、全く痛みがなかったという人と、手術後に痛みがあったという人に分かれます。ハログレアなどの後遺症でも同じことがいえます。

 

そして中にはその異変が長期的なものであり、別途治療が必要になるものや日々の生活が困難になるひとも稀に出てくる場合はあります。

 

品川近視クリニックではより高性能な最新機器を使うことにより、目への負担を最小限にして、副作用の発生を従来よりも大幅に軽減しています。

 

例えば、ものが眩しく見えすぎるようになることや、ドライアイから別の疾病へと繋がってしまうなどの方は、昔に比べてほとんどなくなっています。

 

ですから、視力矯正のレーシック手術はリスクがないわけではないが、なるべく信頼できる評判のクリニックで施術することで安心して受けられるのです。

 

品川近視クリニックは信頼できる?

レーシック眼科医おすすめは評判のいい品川近視クリニックでレーシックを受けることです。最低でも知名度の高い大手有名クリニックでレーシックすることです。品川近視クリニックは症例数もトップレベルですし、医師の技術レベルも世界水準で有名です。

 

まぁ実際に、お近くの普通のレーシック眼科と品川近視クリニックの施術メニューのレベルを比べてもらえば、その違いの大きさに驚くと思います。

 

レーシック眼科はただでさえ、徹底した衛生管理が必要なのに、最新の機器を導入するのにお金がかかるため、そもそも品川近視クリニックのような大手でなければ経営が難しいのです。

 

実際に神戸クリニックや錦糸眼科など、昔からのレーシック眼科ですら経営状態が微妙で、今では完全に品川近視クリニックの一人勝ち状態です。

 

さすが大手!と思わせるような清潔な館内

品川近視クリニックにお邪魔した時まず一番驚いたことがあります。それは若くて綺麗な女性スタッフがこれでもかと待機していたことです。

 

これほどの人数を用意する必要があるのだろうかと、当時入った瞬間に驚きましたがそれだけ来院するクライアントも多く広い館内のあっちこっちでレーシック前の検査が行われています。

 

とても清潔な館内と小綺麗にされたスタッフさん達の対応が非常に素晴らしく、地方から来る私にとっては眼科やクリニックのイメージが180度変わりました。そのくらい入った瞬間の清潔感に驚かされます。

 

事前検査の重要性

 

レーシックを受ける前には、目の状態を調べるための事前検査を受ける必要があります。

 

事前検査は角膜の厚さなどを測るだけではありません。今の目の状態や手術できるかをも判断される重大なものです。

 

また医師との問診やカウンセリングは過去の病状などを伝えるのにとても大事です。自分でこれは関係ないと判断を下さずにきちんとすべて話して判断を仰ぎましょう。

 

ちなみに品川近視クリニックでは事前検査は完全無料で受けられます。

 

 

多少なりとも副作用は出る?

レーシックに悩む女性

レーシック手術を受けることで90%以上の人が、裸眼の視力を1.0程度まで回復することが可能です。

 

視力が0.7を下回ると、普通自動車運転免許などにも差し障りが出るため、視力が悪いことで日常生活にはメリットなどありません。なるべく視力は良いに越したことはないですよね。

 

しかし、レーシック手術を受けると、暗いところでの視力がそれまでより低下する(見えにくくなる)という副作用のようなものが出る場合があります。

 

確率は低いものの、普段から暗いところで作業をする仕事に就いている方ですと、その生活に支障をきたす恐れがあるということです。

 

これは一時的に症状が出て、のちのち改善される場合もありますので、手術した角膜が落ち着くと症状がなくなったりします。

 

角膜は光の屈折率を決定している器官で、レーシックはこれを直接削る手術なわけですから、光に敏感になるのは仕方がありません。光に敏感になるということは、裏を返せば暗い場所でも影響が出るということになります。

 

そのため、明るい場所で従来より強く眩しさを感じたり、またはライトのような灯りを見た場合に、その光の輪郭がぼやけて見えるようなことが起きます。

 

ドライアイのリスクはある?

ドライアイの症状が出ると、目の乾燥が原因となって、強く眩しさを感じる症状が出ることもあるので、これらはセットになって顕れるかもしれません。

 

基本的なドライアイの症状は、レーシック手術後1〜2ヶ月でおさまってきます。ただ、あまりにもドライアイの症状が深刻な場合、医師の処方した目薬などで目の水分を補うようにしましょう。

 

一時的にドライアイになった場合としては、1ヶ月程度症状が続き、その後角膜や涙腺が通常の役割を果たせるようになると気にならなくなるでしょう。

 

品川近視クリニックは口コミも良好

眼科の看護師

品川近視クリニックでは、フェムトセカンドレーザーに前述のLDVを、エキシマレーザーにアマリスを使用したレーシック手術をアマリスZレーシックと名付けて最高級のものに位置づけています。

 

他のクリニックがイントラレーシックを主に据えていることに対して、このクリニックが、アマリスZレーシックを主にしているのには理由があるのですが、ここでは触れられません。

 

さて、ここで使用されているフェムトセカンドレーザーのLDVはともかくも、エキシマレーザーのアマリスは、その性能では、VISXを凌ぐものがあるといわれています。

 

このクリニックの手術メニューには、上記以外にもフェムトセカンドレーザーを使わない比較的安価なレーシックから、イントラレーシック、アイレーシックと銘打ったメニューもあります。

 

このクリニックのイントラレーシックは、メニューにもよりますが、他のクリニックのものより安くなっています。

 

規模の面では、年間の手術例数や累積の手術例数は、他を圧倒するものがあり一日に千人を越える手術をこなすことが出来、累積では50万例の手術実績があるといわれているクリニックです。

 

そういった面では、実績は充分あるところであるといえます。

 

レーシックを受けた感想

レーシックは一生に一度あるかないかの手術ですし、万が一失敗してしまったらと考えるとやはり高いお金を払っても最新のレーシック手術を受けたいと思い品川近視クリニックを選びました。

 

レーシックとしても高値でしたが、それでもやって良かったと思えるほどあっという間に手術も終わり効果も抜群でした。

 

手術は数人のグループごとに行われ、何人かがまとまって手術室の待合に呼ばれます。

 

手術の前に麻酔の目薬をさします。そのあとは目を閉じないように指示され、手術中はずっとレーザーの方を見ています。

 

メスで切り開いたりするらしいのですが、麻酔が効いているせいかまったくもって痛くありません。

 

手術後はハロー現象と呼ばれるものが起きます。目がボヤけて焦点がうまくあいません。しばらく目を開けないように指示され、ある程度したら帰宅できます。

 

帰宅する前に透明なゴーグルを渡されます。目にゴミや異物が入らないようにするためです。

 

帰りの電車では目の光彩が安定せず光が眩しすぎたりして頭が痛くなってしまいました。これは事前に説明されていたので特に不安はありませんでしたが、その日は疲れたのかすぐ寝てしまいました。

 

次の日起きると視力は完全に回復していてまるで夢の世界にいるようでした。

 

高い料金を払いましたが最新の設備が揃っている品川近視クリニックに頼んで良かったと思います。

 

しかも保証が嬉しい15年ということでそちらも安心してお願いしたくなる要因でした。

 

手術から数年経ちましたが未だに視力は全く衰えていません。

 

 

1日レーシックが便利

 

レーシック手術は適応検査のために最初に来院し、次にレーシック手術のために来院。

 

手術の翌日にも検診が必ず必要で、手間のかかる作業です。

 

しかし品川近視クリニックのアマリス750Zレーシックでは検査も手術も1日で終わる1日レーシックというものがあり、遠方から来院した方にも非常にありがたいものです。

 

1日で終わるからといって雑な検査などはありません。教育されたスタッフと先生がいるので一人一人しっかり丁寧に対応してもらえます。

 

目を手術するという不安は誰にでもあるものなので、そういった戸惑いや疑問にしっかり対応してもらえます。

 

ただし検査で不適合になった場合はレーシックが受けられません。