品川近視クリニックでレーシック

レーシックの術式個別ページ一覧

品川近視クリニックのラゼックの痛みは?
ラゼックの手術を受けると多くの場合、麻酔が切れた後に痛みがでます。ラゼックでの矯正手術で、痛みの出る仕組みなどを考えていきます。もちろん品川近視クリニックでもです。
モノビジョンレーシック(老眼治療)とは、どんな施術?
老眼とは一般的に、40代半ばごろから小さな文字が見えづらくなる症状です。お年寄りが目をしかめて本を読む姿は、よく見かけますよね。老眼は、目の中にある「水晶体」と呼ばれるものの弾性が年齢とともに衰え、小さなものに焦点を当てるのが難しくなっていくのです。二十代からこの「水晶体」の弾性は衰えてきますが、自覚するのは、四十代から六十代と幅があります。
視力回復手術Zレーシックとは?
Zレーシックがどんな施術かというと、まず基本となるレーシック手術がケラトームレーシックで、この手術ではカンナのような器具を使って角膜のフタと呼ばれるフラップを作成する為、断面に歪みや凹凸が生じることがあり副作用への問題となっていました。その問題を解決しようと作られたのがイントラレーシックであり、コンピューターの制御によってレーザーでフラップを作成していきます。その為、高精度な技術で正確なフラップの作成を行うことができ、断面もきれいで滑らかなものになります。そしてその上の技術を兼ね備えた最新の技術...