品川近視クリニックでレーシック

ラゼックが痛いのは本当か?

ラゼックの手術を受けると多くの場合、麻酔が切れた後に痛みがでます。ラゼックでの矯正手術で、痛みの出る仕組みなどを考えていきます。もちろん品川近視クリニックでもです。

ラゼックでなぜ痛みが出るのか?

レーシックの手術では、痛みがほぼ出ないのになぜ?と思われる人もたくさんいるでしょう。眼の角膜層は本来5層あるのですが、レーシックでは3層目にフラップという角膜のフタをします。

 

この3層目には神経が通っていない為、麻酔が切れても痛みを感じることがありません。

 

ラゼックでは1層目をアルコールを使って柔らかくしてから、1層目を剥くようにしてめくります。この1層目には神経が通っている為、麻酔が切れてから痛みが発生するのです。

 

痛みも個人差があるようですが、激痛のケースや玉ねぎが目に染みる程度の痛みのケースもあるようです。品川近視クリニックで聞いた話では、某有名な格闘家やスポーツ選手でも声をあげて痛がったとか・・・。

ラゼックの施術の流れ

まず眼の洗浄・消毒を行い、それから点眼薬で眼に麻酔をしていきます。麻酔が効いたことを確認すると、まず眼の表面になる角膜の1層目をアルコールで柔らかくしていきます。

 

次に柔らかくなった表面をめくり、エキシマレーザーという器具を角膜実質層と呼ばれる部位に照射していきます。

 

照射が終わるとめくった表面を元に戻して、もう片方の目も同じ流れで施術を行えば終了です。

どれくらい痛みが続くのか?

多くの人がラゼックで、表面をめくられた角膜層が元に戻るまで痛みが続きます。表面の角膜層は新陳代謝で再生するので、元に戻るまで大体一週間と言われています。

 

一週間も痛みが続くのかと不安視されやすいですが、本当に激しい痛みが続くのは3日〜4日です。医師からも術後は、5日間程休養するようにと指示があります。

 

無理をせず、しっかり目を休めるようにしましょう。

品川近視クリニックのラゼックの痛みは?関連エントリー

モノビジョンレーシック(老眼治療)とは、どんな施術?
品川近視クリニックのレーシックは安全?口コミや評判、レーシックの疑問を解消!
視力回復手術Zレーシックとは?
品川近視クリニックのレーシックは安全?口コミや評判、レーシックの疑問を解消!